これまで、建設中の 『庶路学園・こども園』 については折に触れて、進捗状況をご紹介してきたところですが、いよいよ4月に迫った開校目前、3月11日(日)に、見学会が開かれましたのでご紹介しましょう。

平成30年2月末に竣工したばかりの、『庶路学園・こども園』 。
白糠町教育委員会の協力のもと開かれた見学会には、約380名の方が参加されました。
学区である庶路、西庶路の町民の皆さんが対象となった見学会と伺っていますが、これほど多くの方が参加されるとは、この学園にどれだけ関心が寄せられているかが、うかがえます。

ご存じのとおり、庶路学園の校舎は地域の防災拠点にもなっていますので、まず見学日当日、私も校舎まで徒歩で行ってみました。
緩やかな坂道がずっと続き、ちょっと息切れしそうでしたが、二宮尊徳像が建っている場所まで来ると、街から海まで見渡せるんです。
これくらい高台にあるならば、もし津波が来ても、充分避難場所としての役割を果たせるのではないかと思います。

さて、庶路学園の中に入ると、広々とした多目的スペースなど、多くの設備にビックリです。
廊下ははもちろん、殆どが木造で、明るく温かい感じでした。
大きな特徴は、各学年の教室にドアがないということですが、3階の8学年と9学年の教室にはドアがあるようです。
お気づきでしょうが、一貫校なので、1学年から9学年との呼び名になっているのです。

1階から3階に登るにつれて、学年が上がっていくという造りになっており、2階にある職員室も硝子張りで、中の様子が見えるんです。
何事もオープンな造りなのですね。
3階の音楽室も立派で、ミニコンサートができそうですし、体育館も武道場も広くて綺麗でした。

1階にある こども園の方は未満児(ゼロ歳)から入園できるらしく、伺った話では白糠町本町からも申し込みが殺到し、すぐ定員に達したそうです。

動物の表札で各学年が表示されているのは、こども園ならではですし、ミニステージも用意されていて、お遊戯会が楽しみですね。
小さい子供用のトイレなんて、なんとも可愛らしくて、子供たちが来てくれるのを、今か今かと待っているようです。

総じて、学園の中は明るく開放的という印象でした。
これから子供達が素晴らしい環境で、のびのびと学んでいくと思うと、とっても楽しみになった見学会でした。(※恵)

そろそろ春かなあ…?

今回は、3月22日(木)の北海道建設新聞の記事をご紹介します。
現在、建設業は、時間外労働の罰則付き上限規制の適用から外れていますが、5年の猶予期間を経て、今後は建設業にも、この上限規制が適用される見込みと言われています。
人材不足が叫ばれている中、建設業に就業する若者を増やすためにも、長時間労働の是正は急務ですね。
併せて、建設業の魅力をどこに見いだすか、ということも重要だと思います。
給料だったり、やりがいだったり、世間的な価値だったり…。
将来に向けての展望を示すことが出来るといいですよね。

記事にある 『プログラム抜粋』 からは、これからの建設業の未来が少しだけ見えるような気がします。
どこへ向けて頑張ればいいのか、会社的にも、個人的にも、見逃さないようにしていきたいものですね。

平成30年3月30日

たびたび恋問館の話題で恐縮ですが、超おいしいソフトクリームを発見しましたので、お知らせせずにはいられないのです。
その名も、『エスプレッソ ソフトクリーム』 !
恋問館のレジ横で、白い恋人ソフトを販売していることは、以前にもお知らせしたことがありましたが、正直、今回はヒットです。
驚きの森からやってきた白糠町産のメープルシロップ100%で抽出したコーヒーが、白い恋人ソフトのホワイト(バニラ味)の上にかかっているのです。
これが美味です!!
恋問館で販売されている商品の内、私がリピートして何回も購入してしまうものの一つになることは間違いありません。
特徴は…、見た目だけではなく、食べ進めてもエスプレッソに出会えるってところです。
お値段は380円ですが、そんなにソフトクリームに興味のない方にも一度は召し上がってみてほしいと思わずにはいられません。
急に気温が上がってきた3月、どこかにお出かけしたくなったら、恋問館までドライブしてみて下さい。
レジで注文して、エスプレッソ ソフトクリームに出会いましょう。(※百)

今度は、エスプレッソ ソフトリームだ!

いきなりですが、先日プリンが食べたくなったので、久しぶりに恋問館(こいといかん)へ行ってきました。
そこで何を購入したかというと… 『驚きの森プリン』 です。
すでに何度もご紹介しているので、またか…と思われた方もいらっしゃるかと思いますが、新しい味が販売されていたのでこれはブログに載せなくては!と思い、書いています。(笑)
以前のブログの記事にも載っているように、定番のブルーベリーソースの他にも、コーヒーソースやカタラーナバージョンが販売されていました。
そして今回はなんと、メープルシロップバージョンを新たに発見しました!(写真左がメープルシロップで右がブルーベリーソースです)
ですがこのメープルシロップ味、調べてみると、どうやら新商品ではなく期間限定商品でした。
驚きの森プリンが発売された当初からあったそうなのですが、たまたま私が買いに行く時には時期が外れていたようで、今回初めて食べることができました!
このシロップは、白糠のイタヤカエデの樹液を採取して作られた白糠産メープルシロップだそうです。
味は甘ったるいのかと思っていたのですが、全くくどくなくて、とーっても美味しかったです♪
今しか食べられないので、すぐに買いに行きましょう!
さらに、調べていてわかったのですが、期間限定ソースがいろいろ販売されていたようで、コーヒーソースもそうでした。
この他にキイチゴソースもあるそうです。
これらのソースはどれも白糠産のものを使って作られているので、白糠町民としては、お土産やプレゼントにもオススメだと思われます☆  (※愛)

『驚きの森プリン』 がスゴイ!

ところで、災害発生時に出される指示には、いくつかの段階があることをご存じですか?
まず、今回のように 『避難準備』 が出る訳ですが、これは、いつでも避難できるように準備しておいて下さいというものです。
次が、『避難勧告』。出来れば、避難した方がいいですよ、というもので、絶対という強制力はありません。
そして、もう少し強めのものに 『避難指示』 があります。
法的な強制力や罰則はありませんが、災害が想定される状態なので避難した方がいいですね。
一番、強制力が強くて、従わない場合に罰則が設けられているものが 『避難命令』 です。
人命にかかわる災害が想定される状態なので、直ちに避難しなければなりません。
現在の場所に住み続けて25年以上経ちますが、実際に避難したことが1回だけありました。
あれも大雨のせいだったなあ…と思い出しつつ、教訓が活かされているかどうか、ちょっと反省したりしました。
もしも避難する時は、何を持って行けばいいのかとか、どこに避難すればいいのかとか、確認しておくことが沢山あることを思い出しました。
他人事とは思わずに、今一度考えておくことを、皆さんにもお勧めします。(※百)

3月に入って、めっきり暖かさを増した白糠町。
この冬は決して雪が多かった訳ではないのですが、気温上昇に伴い雨が降った3月9日(金)には、雪解け水と降雨量のダブルパンチで、白糠町西側を流れる茶路川の水位がものすごいことになりました。
雨だけなら、普通の雨のようでしたが、この季節に雨が降るということは、積雪も溶けてしまうということなのですね。
この季節に、このようなことを経験したことは、過去になかったのてはないかと思うのですが…。
まず正午過ぎに、避難準備を呼びかける放送が流れ、ドキドキしていたら避難勧告になっていました。
幸い、夕方には避難勧告も解除されたのですが、特に地盤が低い場所にある白糠町の生協(コープさっぽろ)などは、早じまいしてしまったらしく、夕食の買い物に困ってしまいました。
あと、数時間 雨が降り続いていたら、茶路川も溢れるところだったと後で聞いて、災害はどこでも起こり得るんだなあと再認識したところです。

2.大雨で、避難勧告!

白糠町立庶路学園・こども園は、平成30年4月1日(日)に、いよいよ開校記念式典を迎えます。
庶路、西庶路の住民の皆さんが心待ちにし、出来上がっていくのを見守ってきた庶路学園・こども園。
明るく元気な子供たちの、健やかな成長を見守る学舎となってほしいですね。

日本中が大雪に見舞われ、この冬の寒さもひとしお…などと言っていたのも束の間、世の中は春ですね〜。
ここに来て、日中最高気温はプラス、しかも二桁の日も珍しくありません。
白糠町ではお彼岸の最中にも降雪を見ましたが、今ではすっかり雪も姿を消して、道路や公園のなんと広いことでしょう。もともと除雪した雪を除けておくスペースを確保して、大きめにできているのではないかと思いますが、それにしても、雪がないと こんなにも広いのかと、毎年改めて感じます。
一面真っ白な雪景色も好きですけど、雪がない方が生活しやすいということはありますからね。
運転もしやすいし、歩道も歩きやすい。どこかにお出かけしたくなるのも春ですね。

この間も、とあるショッピングモールに出かけたところ、いつにない人出。
どうしたことかと思いましたが、どうやら新入学の準備のために買い物をする親子連れで賑わっていたようです。新しい制服やジャージなどの試着に、長蛇の列ができていました。
「少し大きめのにしといた方がいいよお…。」 などと、自分も我が子と並んでいた日々が思い出されます。

東京では、桜も開花したとのこと。
新生活に臨むみなさんにとっては、まさにワクワクする春…ですね。
見守る側は、いつまでもハラハラすることばかりですが、どうぞ明るく元気に新天地で頑張ってほしいと思います。自分の可能性を見つけて下さいね。

3.おいしい情報をお届け。

4.ちょっと気になる新聞記事。

1.庶路学園、庶路こども園、見学会に参加しました!

『ちょっと一息』 は、総務部がお届けする地域の情報です。