遠ざかる夏…

今、巷で噂の『プレミアム商品券』。
国の平成26年度補正予算により執行される地域活性化・地域住民生活支援等緊急支援交付金(地域消費喚起・生活支援型)等を活用し、白糠町の商店街等における消費喚起及び白糠町民の生活支援を図ることを目的として発行されています。
白糠町プレミアム商品券は、500円券が26枚で1セット1万円。
つまり、1万円で1万3千円分の商品券を購入できる、いわゆるプレミアム率30%というものです。
北海道中の市町村でその地域特有のプレミアム商品券が発行されていますが、プレミアム率30%は、最高の率だと思われます。しかも、釧路総合振興局管内の地域にはこのプレミアム率30%で発行している市町村がとても多いような気が…。
参考までに、釧路市のプレミアム商品券のプレミアム率は25%、札幌市などは10%だそうで、思うに人口の多い地方ほどプレミアム率が低いように感じます。人口が多い分プレミアム率を低くして、多くの人に利用してもらうようなシステムになっているのではないでしょうか。
なにはともあれ、白糠町は一人につき5セットまで購入可能。夫婦で購入すれば10セット購入できます。
まあ、とりあえずでも購入するには現金が必要ですから、売れ行きはどうなんだろうと思っていたところ、売り出しから数日で完売したとのこと。
「とりあえず買っておけば間違いないよね。」
販売会場では、このような声も聞こえました。
嬉しいのは、この白糠プレミアム商品券を使用して買い物できる商店が多いことです。
スーパーやコンビニ、ガソリンスタンドなど、生活に密着している多くの商店で買い物できるので、とても助かります。
と言うわけで、毎日500円券を1枚、2枚と使用している今日この頃ですが、後は使用期限の11月30日までに使い切ることが出来るかどうかが問題です。
果たして白糠町はこのプレミアム商品券によって消費拡大できたのかどうか、結果も知りたいところですよね。

4.まだまだ続く、白糠町のお祭り。

平成27年8月27日

水分がなくなるまで煮詰めます。

沢山の台風の直撃を受け、日本列島は夏から秋へと様子を変えていくようです。
南の九州は台風15号に見舞われ、石垣島では風速70メートルを記録したとのこと。
テレビのニュースで、文字通り、風に飛ばされる人の様子を初めて目にしました。
北海道を台風が直撃することはほとんどないのですが、それでも太平洋沖にある台風の影響で、白糠町の海も大しけです。なんなら地震で発生する津波より波が高いくらいだと思います。
東京では、日中最高気温が35℃を超える猛暑日が1週間以上続いたということで、観測史上142年で初めてのことと聞きます。暑さに耐えるって体力を使いますよね。この相次ぐ台風来襲の後、少しは涼しくなるといいのですが…。
昨年の白糠町は、8月が過ぎても、いつまでも暑い日々が続くという珍しさでしたが、今年はどうやら、すでに夏は終わったような雰囲気です。
7月末から8月はじめにかけて、30℃を超えた日もありましたが、長続きせず、翌日には涼しくなる…という感じでした。
白糠町に吹く風には、既に秋の気配がします。
夏の開放感につい羽目を外してしまった皆さん、そろそろ落ち着いて、今度は実りある季節に向き合いましょう。身体のケアも忘れずに、今月も元気にお過ごし下さい。

5.ちょっと気になる新聞記事。

3.白糠産トマトでパスタ!

2.ちょこっと白糠町情報。

今月は、7月14日(火)の北海道建設新聞から、安全運転に対する啓発運動の記事をご紹介します。
警察発表によると、8月23日現在の北海道における交通事故死亡者数は106名、全国ワースト5位となっています。
夏は道路の交通量自体が増えていることは勿論、バイク・自転車等の交通量の増加が見逃せません。いつもの注意深さに加え、さらなる車まわりへの注意が大切です。
夏休みも終わり、新学期に登校する学生さん達にも、思いやりのある運転を心がけましょう。
今後は、だんだん日暮れが早くなってきますので、早めのライト点灯も必要ですね。
夏の疲れが出やすい季節ですから、充分な睡眠をとるなどの体調管理も欠かせません。
意識的に安全運転をして、事故のない毎日を送ることで、公私ともに充実した日々を過ごしたいと願う今日この頃です。
安全運転、よろしくお願い致します。

今年3月の道東道白糠インターチェンジ開通を記念して、今年は白糠町で花火大会が開かれます。
9月19日(土)、午後17時00分スタート、花火打ち上げは午後18時30分開始です。
場所は、白糠漁港。大漁まつりの会場と同じです。
国道38号線からも見えますから、すぐ分かると思います。
ただ大漁まつりのように併設した駐車場がありませんのでご注意下さい。
町内にある指定の駐車場を利用して頂くことになります。
今年、各地の花火大会を見逃した方、まだ大丈夫です。
みんなで秋の花火を楽しみましょう!
4500発の花火って、どんなスケールなのか、今から楽しみですね。

9月12日(土)の午後3時から13日(日)の午後3時まで。
色々な年齢層の方に楽しんで頂くイベントが盛り沢山です。
ステージ前に陣取って、イベントを楽しむのもヨシ、商店街いっぱいに繰り広げられる出店を楽しむのもヨシ。
お腹がすいたら、そば、うどん、焼きそば、ご当地グルメを堪能することが出来ます。

弊社では恒例の 『ロボキリン』 をお手伝いしています。
高い場所から白糠町を眺めてみませんか?
子供達、恋人達に人気です。
今年もお待ちしています!

9月の白糠町は、ちょっと涼しくなっていると思いますが、まだまだ元気にお祭りを楽しみましょう!
恒例の 『しらぬかカミングパラダイス』 に加えて、今年は 『港inしらぬか花火大会』 も予定されています。
2週続けて、週末は白糠町が熱い!
お友達と、ご家族と、恋人と、みんなで白糠のお祭りにいらして下さいね。

トマトは沢山。
切り込みを入れて、沸かしたお湯につけ、皮を湯むきします。お湯につけてしばらくすると、自然に切り込みからツルッと皮がむけますので、これをざく切りにします。
パスタの麺を茹でる間に、トマトソースを作ります。
フライパンにオリーブオイルを入れ、みじん切りにしたニンニクを、色がつかない程度に炒めます。そこに、湯むきしたトマトを投入。
ヘラでつぶしながら煮詰めると、水分がとびます。
ある程度煮詰まったら、小さじ1くらいの塩を加えて、トマトソースの出来上がりです。
ここに茹でたパスタを絡めるだけでトマトパスタになります。

チーズをかけて頂くのも、美味しいですよ。
いつもはトマトの缶詰で作ったりもしますが、新鮮なトマトで作るトマトパスタは、また格別です。
この季節ならではの美味しさで、トマトソースを沢山作って冷凍しておくという方法もあるので、しばらく楽しめます。

畑からの収穫を望めない方も、この季節は採れたてのトマトが市場に手頃な値段で出回っていますから、充分美味しいトマトパスタが出来るはずです。
ポイントは塩加減かもしれませんから、そこんとこ気を付けて、是非一度お試し下さいませ。

夏 → 畑 → 野菜 → 収穫 って、これは白糠の夏における鉄板のストーリーです。
いえいえ、私が作っている訳ではありませんが、しかし、夏野菜の栽培にいそしむ白糠町民の割合はかなり高いとみています。
我が家でも祖父母が作ってくれる野菜に、どれだけ助けられているか、計り知れません。
いつもありがとうございます。
ナス、キュウリ、大根、人参、ジャガイモ、キャベツ、トウキビ、セロリ…などなど、数え上げたらきりがないくらいの野菜にお世話になっています。
そこで、今回はトマトです。
いつも作っているトマトのパスタをご紹介します。

最近は、お祭りや花火大会など行事がたくさんありましたね。楽しい反面、虫に刺される機会もたくさんあったと思います。
私もブヨに刺されてしまい、真っ赤に腫れ上がりました。単なる虫刺されかと思いきや、頭痛も酷くて、とてもつらかったです。
こういう虫刺されは、痛みや痒みだけでなく、二次感染の危険もあるので、刺されないように気をつけましょう。
夏休みも終わり、少しずつ寒くなってきましたが、まだまだ虫が飛んでいます。
虫除けスプレーはもちろんのこと、ハッカ油にも虫除け効果があるそうですからお勧めです。
ハッカ油には、おまけにリラックス効果もあるので、気分もリフレッシュすることができます。
スプレータイプの物もあるのでぜひ活用してみて下さいね。

8月18日(火)の北海道新聞朝刊に、刺牛海岸の話題が掲載されていました。
国道38号線を車で走る方なら、どなたでも見かけたことがあるのではないでしょうか。「無料、波あります」の看板。
土日ともなると、この場所でサーフィンを楽しむ方々をよく見かけます。
中には親子連れの方も…。
話しによると、イルカを見たということもあるのだとか…。
この刺牛海岸には青鳩も訪れるようで、シャッターチャンスを求めていらっしゃる方も多いようですね。
心配なのは、もともとこの場所がレジャー用に整備された場所ではないということと、急に深くなる海岸線であるということです。
どのスポーツにしろ、レジャーにしろ、楽しさとリスクがつきものです。
老婆心ながら、サーフィンを楽しむ場合は、この点を踏まえて、リスク対策をよろしくお願いしたいと思います。

その2…白糠町の海岸事情。

8月11日(火)、職場から自宅に戻ってすぐ、白糠町に大雨が降りました。
滅多にないことなので、ビックリです。
祖父母が畑用に雨水をためるため、軒先に用意している桶が、いきなり一杯になっていきます。
気象庁によると、午後17時00分までの1時間に、白糠町北部で約80ミリの猛烈な雨が降り、記録的短時間大雨情報を発表したということです。
都会では、夏にゲリラ豪雨がよく発生すると言いますが、最近の自然災害は日本中のどこにでも発生する可能性があるようで、安穏とはしていられませんね。
現場をスムーズに進めるためには、あまり雨には降ってほしくありませんし、このところ曇りの日ばかり続くので、明るいお日様に早く出会いたいと願って止みません。
お天気が続く道東の秋を心待ちにしているのは、私だけではないと思いますよ…。

その1…白糠町で大雨。

1.白糠町にもプレミアム商品券!

あまり見かけませんけど、これはミントの花。
ミントは葉を利用することはあっても、花をご存知の方は少ないと思います。
残り少ない花を巡って、蜜を集めるのに一所懸命な蜂を、写真中央に見ることが出来ます。
人が近づいても知らんぷり。
自分の仕事に夢中です。
蜜が沢山採れるといいですね。

その3…虫刺されに注意!